ブルーハウス沖縄の
無料オンライン
英会話コース

今すぐ始められる!
自宅にいながら
思う存分英語が勉強できる☆

既にコースを
受講している方は、
こちらからログインし、
コースをクリックして
開始してください。

ブルーハウス沖縄
英会話教室は、
沖縄県北谷町の
小さな英会話教室です☆

当教室では、
外国の方たちを対象とした
日本語クラスも開講していて、
たくさんの外国の方たちが
いらっしゃいます。

授業では学んだ英語を使って、
日本語クラスの外国の方たちと
実際に英語で会話練習ができる
カリキュラムを
取り入れています。
 

クラスの中で、
外国の方たちと一緒に楽しく
勉強することができるんです。

いわば、
スクール内での
交換留学プログラム

沖縄にいながら
英語漬けになれて、
プチ留学を体験できますよ。

今回、
その外国の人方との
英会話練習をオンラインでも
できるようにしてほしい

という生徒さんたちの声に
お答えして、

ブルーハウス沖縄の
オンライン英会話クラブ
を提供することにしました。

オンラインでも
対面と同じくらい
英語の練習ができる環境を
提供
すべく、
毎日ブルーハウス沖縄の
運営チームは頑張っています。

ぜひ一度、
ここブルーハウス沖縄でしか
できない英語体験を
してみください。

ブルーハウス沖縄のお友達追加
&フォローよろしくお願いします。

お教室での様子

オンライン英会話クラブ

ブルーハウス沖縄の
オンライン英会話クラブで
外国人のお友達を作って、
英語のリスニング、
スピーキングの練習を
好きなだけしよう!

自宅にいながら世界中の
ネイティブスピーカーたちと
繋がれます。

詳しくは写真を
クリックしてください☆

自宅からプチ留学☆

今すぐ始められる!

日本にいながら、
いろんな国の人たちと出会い、
いろんな国の人たちと会話する。

そのかけがえのない経験が
人生をさらに豊かに
してくれます。

詳しくは写真を
クリックしてください。

英語が話せるように
なるまでに必要な時間

英語が話せるようになるまで、
どのくらいの時間が必要なんだろう…
そう思ったことありませんか。

英語が全くわからない状態から
英語を勉強して、
仕事で英語をなんなく
使えるようになるまでには
約3,000時間の学習時間が
必要だと言われています。

また、医療英語や法律英語など、
専門分野の英語習得には
約10,000時間の学習時間が
必要とも言われます。

日本での義務教育の中学校と
高校の英語の授業数を合わせると
約1,000時間。

一般的に見て
日本人の私たちには、
大学で英語の勉強をしていない場合
あと2,000時間の英語学習時間が
足りません。

その2,000時間を捻出するためには、
1日30分勉強する場合は約10年、
1日1時間勉強する場合は約5年半、
1日3時間勉強する場合は約2年、
そして、
1日に5時間の勉強時間が
とれる場合は約1年になります。

2,000時間…

長い…

ですよね。笑

ですので、
ブルーハウス沖縄の
オンライン英会話クラブでは、
どれだけ飽きることなく
2,000時間の学習を続けられるか
をサポートする、
というところに焦点を置いています。

実際に外国の方たちと会話練習をして、
伝わる喜びを実感する。

たくさんの外国の方と交流することで、
好奇心を刺激する。

外国人のお友達を作って、
メールでやり取りしたり
一緒に勉強したりして、
楽しみながら英語に触れる。

ブルーハウス沖縄の
オンライン英会話クラブでは
そういった工夫を凝らして、
生徒さん一人ひとりの
英語学習を応援しています。

また、今までの
日本の英語教育では
リスニングやスピーキングの学習時間が
足りないと言われてきました。

ブルーハウス沖縄の
オンライン英会話クラブでは、
そのリスニング練習とスピーキング練習を
ネイティブスピーカーたちとできますよ。

英語がグン!と伝わりやすくなるのを
実感できるはずです。

*無料オンライン英語コースは無料
ですが、オンライン英会話クラブは
有料会員制のクラブです。

無料オンライン英語コースのカリキュラム

1. 圧倒的なアウトプットの量

ブルーハウス沖縄の
オンラインコースは

1.目標の投稿 
= アウトプット

2.テキスト+動画での学習 
= インプット

3.単語カードなどでの暗記 
= インプット

4.英語での発信 
= アウトプット

5.テキスト+
単語カードなどでの暗記 
= インプット

6.英語でのコミュニケーション 
= アウトプット

7.ネイティブスピーカー
との会話練習 
= アウトプット

8.オンラインでテストを受ける 
= アウトプット

9.結果の投稿 
= アウトプット

という圧倒的なアウトプットを
含むカリキュラムになっています。

私たちのカリキュラムは、

「英語の参考書、動画、アプリなど
英語を学習する教材は
世の中にたくさんあるけど、
実際にネイティブスピーカーたちと
会話する、アウトプットの機会が
少ない…」

そんな生徒さんたちの声から
生まれました。

みなさんにより多く
ネイティブスピーカー
たちと
英語でコミュニケーションを図る
機会を
提供したい。

インプットと同じくらい、
もしかしたら
インプット以上にアウトプット
が大切。

私たちはそういう考えの下、
ブルーハウス沖縄
オンライン英会話クラブを
運営しています。

オンライン英語コースは無料で、
テキストをご自身で購入さえすれば
一人でも学習ができるように
なっています。

しかし、実践するためには
オンライン英会話クラブに
入会して、
ネイティブスピーカーたちと
実際に英語でコミュニケーション
とることをオススメしています。

しかも、たくさん!

みなさんにも私たちの考え、
「インプットと同じくらい
アウトプットも大切」
という思いが届くと嬉しいです。

2. 何度も何度も

私たちの願いはみなさんが
ただ英語を学び、
英語が話せるようになること
だけではなく、

みなさんに英語を学ぶ方法も
理解
してもらうこと。
英語を学ぶ習慣も
身につけてもらうこと。
です。

ですので、コースでは
何度も、何度も、何度も同じこと
を繰り返しお伝えしています。

「これ読んだことある」
「もうわかってる内容だから」
そう思わずに、

私たちが繰り返しお伝えすること
を繰り返し読んでもらえると
英語を学習する方法も
学べると思います。

そうやって、
英語を学ぶ方法を
身につけたあとは
スペイン語を勉強してもいいし、
フランス語を勉強してもいい。

もしかしたらプログラミングを
勉強することだって
できるかもしれないし、

他にも何かを学ぶ時に
何度も繰り返すこと、
そして
実践することの大切さ
を思い出してほしい。
私たちはそう願っています。

ですので、コースの中で私たちが
繰り返し何度も、何度も、何度も
お伝えすることを
何度も、何度も、何度も読んで
理解を深めてもらえると
嬉しいです。

3. テキストを最大限活用

突然ですが、みなさんが
作文を
書くとしたら
どんなことを考えますか。

どうやって作文をまとめますか。

「どんな順番に書いていったら、
読みやすいだろう…」

「どうやったら
上手く伝わるだろう…」
いろいろと考えるはずです。

その中でも教科書を作るには、
たくさんの知識と経験、
そしてたくさんの試行錯誤
必要になります。

すべての教科書には
先生方の知識と経験、
そして
「みんなにわかりやすく
伝わるように」

「みんなに英語が話せるように
なってほしい」
という想いが込められています。

それはいわば先生方からの
ラブレター。

教科書のはしばしに
ちりばめられた
「みんなに英語が
上手になってほしい。」
という想いを
ぜひ発見してみてください。

特に教科書の
まえがきやあとがきには先生の
熱い想いが
込められています。

そこには英語学習の
ヒントがたくさん!

このコースで活用する教科書は
私たちが作ったものでは
ありませんが、
私たちが大好きな教科書です。

その教科書のまえがきにも
先生の熱い想いや
英語学習のヒントが
散りばめられています。

ぜひそれを見てみましょう!

ゼロからスタート
英語で話すトレーニング
Bookより一部を抜粋

英語学習の中でいちばん
エキサイティングで楽しい部分は
絶対にスピーキングだと
私は確信していますので、
みなさんがこの本を通じて
語を話すことの楽しさを
実感していただければ
とても嬉しいです。

「スピーキングテスト」
というと、少し怖いイメージが
あるという方も
いるのでは
ないでしょうか。

ですが、スピーキングテストを
うまく利用すれば
私たちのように外国語として
英語を学んでいて、

日常的に英語を話す機会が
あまりない環境でも
「話す力」をかなり伸ばすことが
できるのです。

本書のさまざまな練習問題を
もちろん独学でトレーニング
するのも
いいですが、
例えばスカイプ英会話
などといった、
日々の会話練習の場面で
大いに活用してください。

みなさんがスピーキング力が
本書を通じてぐんぐん
伸びることを
願います!

中学英語をもう一度
ひとつひとつ
わかりやすく
より一部抜粋

どのように教えれば、
ぼくのせいとはもっと自由に
英語が話せるようになるんだろう。

ぼくはこのことをずっと
考えて指導に当たってきました。

そして、小学生から大人まで
いろいろな生徒さんと出会い、
彼らの成長を見守っていくうちに
ある答えが見えてきました。

それは、英語は
もっともっと「感覚」を
大切にしなければいけない
ということです。

単語や文法の知識は
もちろん必要ですが、
それだけでは
自由に使えるようにはなりません。

「感覚」は一見あいまいな
ものに感じますね。

だけど、身につくと
これほど確かな土台はないのです。

ほくは「感覚」こそが
日本人が英語を
話せるようになるための、
これからのキーワードだと
思っています。

この本は、英語入門者の方が
今後の土台となる確かな感覚を
育てるための本です。

わかりやすい説明と、
会話につながる実践的な
練習が特徴です。

この本を使っていただく際、ほくから
いくつか
リクエストがあります。

・難しく感じることは、
無理矢理やらないでください。
わかること、できることから
じっくりマスターして
いってください。
それが一番の近道です。

・とにかく、英文を
たくさん書いてください。
そして、CDを聞きながら
たくさん口に出して
読んでください。
野球の素振りやピアノのスケール練習
と同じように
英語も
「簡単なことを何度も」
がポイントです。

この一冊の本をきっかけに、
いつの日かみなさんが自由に
感覚的に英語を話せるように
なれたら、
ぼくは最高に幸せです。

中学英単語をもう一度
ひとつひとつ
わかりやすく
より一部を抜粋

これまで初級者から超上級者まで
いろいろな生徒さんに
英語を教えてきました。

その中でほくが一貫して
感じているのは、
中学で習う基本単語の大切さです。

さらに言うならば、
中学の単語を「感覚的に使える」
ことの大切さです。

英会話が上手な人は
話したり聞いたりするときに、
英語を日本語に置き換えよう
とはしません。

日本語に頼ることなく英語を
感覚的に理解しています。

この本はまさにその直感を
育てるための本です。

イラストとやさしい解説で
単語の核となる基本イメージを
感覚的につかめるように
なっています。

また、学年の目安が表示されて
いるので自分のレベルに合わせて
学習を進めていくことができます。

この本で勉強する際、
みなさんにぜひ実践して
いただきたいことがあります。

それは、単語を実際に
「自分の感覚でとらえてみる」
ということです。

たとえば、形容詞 cold (冷たい)
の場合、和訳やイラストで単語の
意味とイメージを
つかんだら、

冷たい水を実際に触ったときに
「あ、この感覚が cold だ」
と確認してほしいのです。

動詞 walk (歩く)なら、
たとえば通学しているときに
「あ、これが walk to school だ」
と結びつけてみてください。

単語が自分の感覚と
ぴったりとリンクしたときに、
本当の意味での
「わかった!」
という瞬間がやってきます。

それが英語を
感覚的・直感的に理解する
ということです。

この本で勉強したみなさんと、
いつの日か英語で自由に会話できる
ことが
ぼくの夢です。

がんばってくださいね。
応援しています。

ゼロからスタート
英会話
より一部抜粋

英会話ができるようになると、
世界が広がっていきます。

旅行で困らなくなるのはもちろん、
必要なときにきちんと
文句を言ったり、
税関でしっかり対応できたり、
困っている日本人のお手伝いをして
喜ばれたりもします。

英語は今や国際語ですから英語圏は
もちろん、
いろいろな国の人とも
友達になるチャンスができます。

楽しいことやうれしいことが
うんと増えていくのです。

まともに英語で話すことが
できなかった私はその後、
勉強を続けて
今では本を書くまでになりました。

英語の難しさや厳しさは
今でも存分に味わっていますが、
どんなに勉強を深めても
「英語を使っていろいろな
国の人と話す」
これこそが楽しみであり基本である
ことに変わりは
ありません。

話す英語
より一部を抜粋

本シリーズは、大人の英語学習者が
「聞く」「読む」「話す」「書く」
という4つの技能を統合しながら
伸ばしていくための自習用教材
として
企画されました。

特に、
中級(TOEIC600点/英検2級くらい)
以上の実力をお持ちで、
より高いレベルへの壁が
なかなか越えられないという
皆さんの、日々の学習の
一助となるはずです。

従来の英語学習では、
「リスニング
/リーディング力がある」
とは
「一度で正確に聞ける」
「早く、正確に読める」ことを、

「スピーキング
/ライティング力がある」
とは
「その場で正しく、
適切な話し方ができる」
「正確に伝わる書き方ができる」
ことを
それぞれ
指していたかもしれません。

聞いて、読んで理解できればよし、
とされることが多かった
と言えるでしょう。

しかし、
現実のコミュニケーションでは、
「読んで理解して終わり」
「言いたいことを伝えて終わり」
のように、
1つの技能だけで完結する
ケースは多くありません。

例えば、誰かの言ったことを
聞いてそれに応答する(話す)、
あるいは、誰かのメールを読んで
それに返信する(書く)
といったように
「聞く」+「話す」、
「読む」+「書く」
という技能の統合が
頻繁に起こります。

また、資料を読んで、
そこに何が書いてあるかを
誰かに話す、
打ち合わせで聞いた内容を
文章にするなど、
「読む」+「話す」、
「聞く」+「書く」
という技能の統合も
あるでしょう。

本シリーズでは、
社会人が英語を使う場面において
「聞く」「読む」「話す」「書く」
力が別々に発揮されることは
ほぼないという現実を踏まえて、
トレーニングを積み重ねます。

聞いたり読んだりした内容に
ついて、誰かにEメールで伝える
というミッション、
誰かに口頭で伝えるという
ミッションなど、
実地に即したさまざまな
“ミッション”を用意しています。

それらに取り組むことで
複数の技能を組み合わせながら、
コミュニケーションのツール
しての英語の運用力を
伸ばしていきます。

あなたの英語力が
「本当に使える」ものとなるよう、
本シリーズでの学習を通して、
「実践」スキルを磨いてください。

オンライン英会話コースで

使用する教材

1. 単語カード

コースでは電子の単語カードを
活用します。

電子単語カードでは
スキマ時間で学習できる上、
音声を確認しながら学習も
できるので、
リスニング学習にもなって
とても便利です!

電子単語カードでは
日本語に対する答えや
英語を言えるかどうか、
試しながら学習を
進めていきます。

また、単語カードは
ブルーハウス沖縄の
先生方が手作業で
入力しています。

「皆さんの英語のお勉強を
サポートしたい」
その一心で昼夜作業
していますが、

私たちも人間ですので
気をつけてはいますが、
どうしても入力ミスが
起きてしまったりします。

私たちの入力ミスを発見した
時は、
優しく私たちにメッセージ
して
教えてくださいね。

強く非難されたりしちゃうと、
せっかくみんなの為を思って
入力作業を頑張ってくれている
先生方も悲しく
なっちゃいますから。





にんげんだもの。

ではさっそく、サンプルの
電子単語カードを
使ってみましょう。

 

下の電子単語カードをタップして、
めくってみてください。

音声マークをタップして、
ぜひ音声も聞いてみてください。

2. Learn/クイズ

Learn では、覚えた内容の
確認ができますよ。

正しい答えを選ぶか
入力しましょう。

何度も繰り返して、
80%以上の正解率を
目指しましょう。

※学習を始める前に、
設定ボタンから
設定を確認してください。

さっそく、サンプルでLearn を
使ってみましょう。

下の選択肢から適切なものを選び、
どんどん進めていってください。

3. spell/聞き取りテスト

こちらの Spell では、
英語の聞き取りテストが
できちゃいます!

あなたのリスニング力が
どれくらいのものか、
テストしてみましょう。

Spell ではスピーカーマークを
タップして音声を聞き、
聞こえたことを
英語で入力してください。

答えは単語カードで
学習した内容と
完全に同じでないと
正解にはならないのですが、

全てが正解にならないでも、
ストレスに感じずに
聞き取りができているか
どうかに意識を
向けてみてください。

ぜひ何度も繰り返して
全体的に80%以上の正解率
を目指しましょう。

4. テスト

毎回のレッスンの最後に
テストが受けられます。

みなさんの英語力が
どれくらい伸びたか試す
絶好の機会です。

テストは、1度しか受けること
ができません。

2回以上受けることは
できません。

また、一度受けたテストの点数は
変更することができません。

1度目に受けたテストの点数が
記録されます。

ですので、テストを受ける前に
もう一度単語カードやLearn,
Spell
などで復習されることを
おすすめします。

復習はばっちり!
心の準備もばっちり!
という方は、ぜひテストを
受けてくださいね

先生方一同、応援しています。

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

テストはこんな感じです。

さっそくコースを受講しよう!

コースを受講するには、
アカウントを登録して
ログインする必要があります。

まずはアカウントを登録し
ログインしてから
このページに戻ってきて
ください。

日常英会話1/初級レベル

対象:初心者〜英検3級程度

日常英会話1/初級レベル

このコースは英語初心者から
英検3級の英語力をお持ちの方
を対象にしています。

英語がわかることではなく、
英検3級程度の英語を使って
コミュニケーションが取れる
ようになることを目標として
います。

ですので、英検3級程度の英語
を聞いたり、話したりすること
が少し難しいと感じたり、
あるいは全くの英語初心者の方
にオススメです。

英語のリスニングと
スピーキングの練習をする
ために、中学英語の単語と文法を
学び直し、それを使って英会話
する練習を重ねます。
日常英会話で使える
英語フレーズをどんどん覚えて
使っていきましょう!

このコースを受講する際には
以下の参考書の準備を
お願いします。

・中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく
・中学英単語をひとつひとつわかりやすく
・ゼロからスタート英語で話すトレーニングBOOK

日常英会話1パート1

このコースでは、
ゼロからスタート・
英語で話すトレーニングBOOKの
第1章から第3章を
学びます。

第3章では自分の周りを
英語で固めていきます。
「住んでいるところ」や
「好きな場所」、
「好きな食べ物や飲み物」
といった自分の身の回りの
あれこれについて、
英語で表現する
トレーニングをします。

また、この訓練法はTOEICの
スピーキングテストのQ4-6や
E-CATのPart 3などの対策
としてもピッタリです。

Day1のオリエンテーションを
必ず終えてから
進んでくださいね。

日常英会話1パート2

このコースでは、
ゼロからスタート・
英語で話すトレーニングBOOKの
第4章を学びます。

第3章では写真や資料を
英語で表現していきます。

写真や資料を使って、
自分の身の回りからさらに
範囲を広げて、
「自分以外のこと」について
英語で話すトレーニングをします。

また、この訓練法はTOEICの
スピーキングテストのQ3と
7-9やE-CATのPart 4と5の対策
としてもピッタリです。

日常英会話1パート1を
必ず終えてから
進んでくださいね。

日常英会話1パート3

このコースでは、
ゼロからスタート・
英語で話すトレーニングBOOKの
第5章を学びます。

第5章ではかんたんなトピックで
ミニスピーチをしていきます。

英語で話す力を飛躍的に
伸ばすトレーニング=スピーチ
に挑戦しましょう。
しゃべることをイメージしやすい
身近なトピックから、
「〇〇と✖️✖️、どっちが好き?」
のようなテーマまで、様々な
ジャンルのものがあるので、
興味のあるところ、
得意なところから取り組んで
みてください。

日常英会話1パート2を
必ず終えてから
進んでくださいね。

日常英会話2/初中級レベル

対象:英検準2級程度

このコースは
英検準2級の英語力を
お持ちの方を対象に
しています。

英語が読めることではなく、
英検準2級程度の英語を使って
コミュニケーションが取れる
ようになることを目標として
います。

ですので、英検準2級程度の
英語を聞いたり、
話したりすること
が少し難しいと感じたり、
あるいは英検準2級を持って
いるけど、もう忘れてしまった
という方にオススメです。

英語のリスニングと
スピーキングの練習をする
ために、中学英語の単語と
文法を使って英会話する練習
を重ねます。

日常英会話1で学んだ英語を
使って、自分で英文を
組み立ててどんどん英語を
使ってください。

このコースを受講する際には
以下の参考書の準備を
お願いします。

・中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく
・中学英単語をひとつひとつわかりやすく
・ゼロからスタート英会話

日常英会話2パート1

このコースでは、
ゼロからスタート英会話の
第1部<ファンクション編>
学びます。

50のファンクション、
挨拶、感謝、勧誘、喜びなどの
基本フレーズを
マスターします。

語句の一部を言い換えて
音読練習できるように
なっているので、
CDに合わせて何度も読んで
しっかり覚えましょう。

Day1のオリエンテーションを
必ず終えてから
進んでくださいね。

日常英会話2パート2

このコースでは、
ゼロからスタートの英会話の
第2部<シーン編>を
学びます。

人に会う、電話、
レストランなど45の
ミニ英会話が覚えられるように
なっています。

日常生活や旅行などよくある
シーンでの典型的な会話を
体験するコーナーです。

それぞれの話者になったつもり
で練習すれば、実際に使う
英語がスムーズに口をついて
出てくるでしょう。

日常英会話2パート1を
必ず終えてから
進んでくださいね。

日常英会話3/中級レベル

対象:英検2級程度

このコースは
英検2級の英語力をお持ちの方、
あるいはそれ以上英語力をお持ちの方を
対象にしています。

英語が読めることではなく、
英検2級程度の英語を使って
コミュニケーションが取れる
ようになることを目標として
います。

ですので、英検2級程度の
英語を聞いたり、
話したりすること
が少し難しいと感じたり、
あるいは英検2級を持って
いるけど、もう忘れてしまった
という方にオススメです。

このコースでは、
ビジネスでも使える英語や
社会生活によく登場する言語行為を
12個取り上げ、さまざまな目的を
達成するための英語らしい伝え方を
トレーニングを通して、
しっかり学びます。

多様なバリエーションも学んで、
状況に応じて表現を選択し調整する
スキルを身につけてください。

このコースを受講する際には
以下の参考書の準備を
お願いします。

・[実践力徹底トレーニング]
話す英語

日常英会話3パート1

このコースでは、

1.問い合わせ・質問をする
2.依頼・指示をする
3.提案・助言をする
4.説明・描写をする
5.報告・伝達をする
6.意見を言う

を学びます。

Day1のオリエンテーションを
必ず終えてから
進んでくださいね。

日常英会話3パート2

このコースでは、

7.断る
8.謝罪する
9.苦情を言う
10.苦情に対応する
11.賛成する
12.反対する

を学びます。

日常英会話3パート1を
必ず終えてから
進んでくださいね。

オンライン英会話クラブ

ブルーハウス沖縄の
オンライン英会話クラブで
外国人のお友達を作って、
英語のリスニング、
スピーキングの練習を
好きなだけしよう!

自宅にいながら世界中の
ネイティブスピーカーたちと
繋がれます。

詳しくは写真を
クリックしてください☆

自宅からプチ留学☆

今すぐ始められる!

日本にいながら、
いろんな国の人たちと出会い、
いろんな国の人たちと会話する。

そのかけがえのない経験が
人生をさらに豊かに
してくれます。

詳しくは写真を
クリックしてください。